6月10日 双子座で新月を迎えます

本日、双子座で新月を迎えます





今回の新月では、金環日食が起こります


金環日食は、月が太陽を隠すことにより、太陽の輪だけが見える状態になることをいいます




普段、私達地球の元には、太陽のエネルギーと月のエネルギーが降り注いでいます

しかし、日食が起こるときには、月が太陽を遮ってエネルギーを送るため、
その分ムーンパワーがダイレクトに届くようになっているのです


つまり、今回の双子座新月のエネルギーは
通常よりも増大して私達に影響を与えているというわけなのです


双子座は風のエレメント
風見鶏のように情報をいち早く取り入れていきます


今回の新月は6ハウスの「健康」で起こります

健康に対しての情報を取り入れ、
判断を迫られることになりそうです



また、
現在双子座には、月と太陽と、逆行中の水星がいます
それらに対して魚座の海王星が相剋関係にあります

相剋関係というのは、足を引っ張り合う関係です

海王星には「薬」という意味があります


「健康」に対して「薬」が足を引っ張る…
コロナワクチンに揺れる現状を示しているといえるでしょう


自分の「健康」とは何か
どこを大切にして、どういった判断をすればいいのか
その判断をしたあとはどんな行動を取るのか…

そこをしっかり決めていく新月といえるでしょう






その後の星の流れとしては、
ラピスニュースでもお伝えしたとおり、


15日に、水瓶座の土星と牡牛座の天王星が90度で相剋関係となります
この二つがぴったり90度になるのは、2/18、今回の6/15、そして12/24と三回あり、
2021年を代表する星まわりといっても良いほどです

緊張関係にある両者の影響により、
天王星の「感じるままに進む」というフィーリングな部分と
土星の「理性でもって根拠を求める」というフィジカルな部分とがぶつかることになりそうです

ぶつかることによるしんどさも増す一方で、本当に求めているものが分かったりと、
洗練されていくことにも繋がるでしょう

21日、太陽が蟹座に移動して夏至を迎えます
この時より、木星が逆行を始めます

25日、山羊座で満月を迎え
27日に金星が獅子座に移動します

6月後半は、表面化したものをしっかり捉え、どのように進むかの道筋がたってくる時となるでしょう
タイミングを見つつ、さまざまなことの着地点を考えるときにしてください

ストーンの浄化も忘れずにしてくださいね



「いいね」と思って頂けたら、下のハートを押して下さると嬉しいです(^^)
+22
Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です