2022年を迎えました!

明けましておめでとうございます✨
今年も宜しくお願いいたします



今年も一年の流れをお伝えする前に、
昨年2021年の振り返りから行っていきましょう

昨年の新年ブログはこちら


昨年の新年ブログにもあるように、
2021年のテーマは『風に乗る』でした



一昨年2020年の年末、12月22日に
土星と木星が重なる『グレート・コンジャンクション』が
水瓶座、つまり風のエレメントで起こることで
風の時代が到来

その変化が遂に本格的にやってくる年でした

他にも水瓶座の土星と牡牛座天王星の相剋関係により
今までの行動様式、経済、価値観を
徹底的に壊していきながらの一年となる、というメッセージがやってきていました

こうした変化変容を、風に乗って気流に任せてスイスイと飛び回る
こうしたイメージでもって進んでいくために、
2021年は『風に乗る』というテーマだったのです


実際に
2020年から蔓延したコロナウイルスは、変わらず世界中を渦巻き
多くの人が、この渦に巻き込まれた中
新しい常識、価値観に変わらざるを得ない時を過ごしましたね

いかに頑なにならず、上手く風をつかめるか…
がストレスなく過ごすコツだったんじゃないかと思います




今年、2022年のテーマは
『チャレンジ』です



2021年の特徴であった
水瓶座土星と牡牛座天王星の相剋関係は2月頃まで続きますが
それ以後は解消されます

5/11には木星が癒しの木星から牡羊座へと移動します
木星は拡大・発展・承認の星

牡羊座は火のエレメントで
スタートダッシュが、得意の星座です
健康や、経済、働き方などストレスの多かったことがらから
巻き返しを図るようにエネルギッシュなことがらが拡大・発展・承認されるでしょう

木星の動きを一覧にすると
水瓶座(2020年12/19~2021年5/14)
魚座(2021年5/14~2021年7/28)
水瓶座(2021年7/28~2021年2/29)
魚座(2021年12/29~2022年5/11)
牡羊座(2022年5/11~2022年10/28)
魚座(2022年10/28~2022年12/20)

このような動きになります


上の一覧にもあるように、
今年の5月までは魚座に滞在し、
そこから牡羊座へ移動した後、
10月~12月の2ヶ月だけ、また魚座に帰ってくるのです

後半では、
魚座のスピリチュアル性、慈愛に再度注目が集まるでしょう

自分を深く追求していくことで、自分を再認識する時となりそうです



2022年の動きで特徴的な星として、
『火星』も挙げられます

火星は2、3ヵ月で滞在する星座を変えますが
今年の8/20~2023年3月まで、7ヶ月もの間、双子座に滞在します

双子座は風のエレメント
コミュニケーション、考え方、旅がテーマです
火と風
エネルギーが高まり、議論も活性化してきます





東洋占星術では
2022年は壬寅(みずのえ、とら)の年です

壬は大河、湖、海などの大量の水です
水は定まった形がなく、その時の状況に応じて変化します

寅はすぐに発火する木材のイメージ

水と木は相生の関係にあり
水が木を大きく育てます



このことから
寅の如く、貪欲に突進して、
チャレンジしていくほどチャンスが転がってきます


しかし寅の木は大木でなく
発火しやすい若木です
エネルギーはもってますが、未熟で危なっかしく、少し頼りない感じです
「チャレンジ」は時に無謀ともとられがちとなります

良い結果をもたらすためには
自分がどうしたいのか、それが世の中のニーズにあっているなか…
等をしっかりと見据えることが大切です



新しい風の時代の価値観とは
これまでのように
明確な基準が無くなってきます
自由ではありますが
判断を他人に委ねて生きている人には
惑わされるばかりになります

自分のいく末を寅の目で見据え、しっかりと選択して
果敢にチャレンジしていくことが必要となってきます




寅の時間帯は明け方に位置します
夜と朝の境目です



このことから
年の始まりは暗いニュースも多いかもしれませんが
徐々に明るいニュースも出てくるでしょう

まだまだ、コロナウイルスも終わりの見えない中
今年は是非とも
『チャレンジ』をして
進んでいきましょう





「いいね」と思って頂けたら、
下のハートを押して下さると嬉しいです(^^)
+30

2021年を迎えました!

明けましておめでとうございます✨
今年も宜しくお願いいたします



今年のメッセージをお伝えする前に、
まずは昨年2020年から振り返っていきましょう

2020年のテーマは
『チェンジする』
でした

それは、昨年が風の時代に変わるという、
大きな節目を迎える年だったからです

12月22日
土星と木星が水瓶座で重なることで、
『グレート・コンジャクション』がおきました

グレートコンジャンクション自体は約20年毎に起こる、変革のサインですが
"水瓶座"で起こるということで、更に特別度が増します

これまで約200年ほどは地のエレメントで起こっていたのが、
風のエレメントに変わったのです

以後約200年は、風のエレメントでグレートコンジャクションが起こります

これが、「風の時代になる」
ということです

2020年は、新しい時代を迎えるための準備をする年でした

水瓶座のマークは周波数です

年明けよりコロナウイルが流行り
周波数を使っての仕事
(リモート会議・在宅勤務など…)が増えました

風の時代では、
人間関係、コミュニケーション、情報が重要となります

新しいコミュニケーション
新しい情報

取捨選択…
と変化の波が吹いてきたのにあわせ

私達の生活様式も変化させていきましたね



そして、迎えた2021年

テーマは『風に乗る』です



ついに新しい常識、価値観が本格スタートです


特徴としては
水瓶座土星と牡牛座天王星の相剋関係が挙げられます

水瓶座の周波数をルールとしたい土星に対し
牡牛座天王星は豊かさとは何かと価値観を書き換えることを迫ります

ですので
今までの行動様式
今までの経済
今までの価値観

これらを徹底的に壊していきながら
進んでいくでしょう


今回の土星と冥王星の角度は
「不況」とも捉えられます
そう聞くとネガティブになりがちですが

だからこそ、
一層大事にしていくものが見えてくる時間となっていきます


過去200年で生み出された価値観を
いち早く変容させた人こそが、 
人生の豊かさを実感できることになっていきます


東洋占星術で見てみると
2021年は辛丑(かのと、うし)の年です



丑は五行に例えると土となります
辛は金

土が金を助け、金の持つ改革性を活かしていきます


辛は繊細な宝石のように控えめでありながら本物であることのプライドを持っています

昨年『チェンジ』したもの
新しい常識、価値観を着実の取り込んでいくことで
今年は吉を呼び込みます


西洋、東洋占星術、
両方でみても
チェンジの2020年から
風の時代の2021年


風に乗り切れると、
後は気流に任せてスイスイと飛び回れます

今年は
上手く風に乗れるように
羽をバタバタしながら試行錯誤しながら飛ぶことをしている状態です



自分の価値観を柔軟にしながら
乗りきっていきましょう



「いいね」と思って頂けたら、
下のハートを押して下さると嬉しいです(^^)
+35

3月20日に春分を迎えます

こんにちは、留美子です

明日は春分です
春の始まりですね



桜も咲き始め、心が弾みますね
西洋占星術でも
明日は一年のスタート



太陽が牡羊座に移動する日なんですよ
この一年がどんな年になるのか?

そこを知るために
明日のホロスコープを読み解きます

この3月は
明日の春分を迎えたら
22日は土星が水瓶座へ移動
24日は牡羊座で新月と、慌ただしい模様

これは今年の一つのハイライトです

20日の春分は
太陽と土星(22日に水瓶座に移動するので最後の度数で山羊座に滞在)
と良い角度で結ばれてます



土星は制限や限界を司る星
つまり、課題を与えてそこを乗り越えるように働きかけます

山羊座は
自己管理、責任感など
社会でやらなくてはならないことをコツコツやる星座

水瓶座は独立、自由の星座

土星は2年半かけて
山羊座的な事柄に規制をかけてきました

これは
水瓶座の『独立、自由』を知るためには
きちんと社会的な基本が出来ていないとダメってことなんです

学生の時
特に小学校、中学生のときは
規則、規則とがんじがらめになってますよね
(日本はそれが行き過ぎの感じがあり問題とも思いますが…)

それから大人になり独立し
自由を与えられいく

その中でいろいろと学んでいくわけです
これは、結構大変です

自由って自己責任も伴いますからね

どんな状況でも自由である

心の持ちようは
ぶれない自分を作ります

ここら辺を学んでいきましよう



春分では
アセンダント(東の方角)は蟹座です
蟹座は家族がテーマ
蟹座の支配星は月
月はパートナーシップの7ハウスにいます

独立、自由
も一人っきりで頑張りなさい
というわけではありませんよ
家族や、パートナーと
良い関係を結びつつの、学びです




「いいね」と思って頂けたら、
下のハートを押して下さると嬉しいです(^^)
+21

2020年を迎えました!

明けましておめでとうございます✨



年越しそばも頂いて
無事に2020年の除夜の鐘も聞いて
年明けです

2020年はどんな未来が予想されるでしょうか

2020年のメッセージは
『チェンジ』です

大きなイベントとしては土星と木星が水瓶座で重なります
(グレート・コンジャクション)
土星は「ルール」
木星は「発展、拡大」

つまり、ルールは水瓶座的な考え方にし、そのルールに従えば発展しますよ
というメッセージです
では水瓶座的ルールとは何でしょう
水瓶座は自分な好きなことを好きな仲間でシェアしながら行っていくこと

ですので、2020年はこれまでの常識、価値観がガラリと変わるチェンジの年となります

これは12月22日におこりますので、約一年後です

それまでに、新しい常識、価値観を柔軟に変えていくことが必要です
宇宙は優しいので、何回も私達の思考を変えてくれるようにと星の配置でそのように促してくれます





まず、1月11日は
蟹座の満月(月食)となり
反対の山羊座では
土星と冥王星が山羊座で重なります

土星は「ルール」
冥王星は「破壊」

山羊座の社会的システムなどのルールは破壊ですよというメッセージ

そして3月22日に土星は水瓶座へ
ここら辺でルールは水瓶座的なものへチェンジします

7月6日は木星と冥王星が山羊座で重なります
木星は発展、拡大
冥王星は破壊

もう一度、山羊座的思考を壊していきます

この2020年最後に起こる
木星と土星のグレート・コンジャクションで変容できた人は
人生の豊かさを実感できることとなるでしょう



また、東洋占星術でも
2020年は庚子(かのえ・ね)の年です

子は五行に例えると水となります
庚の金は子の水は相生の関係です

庚は大きなナイフを表し、道なき道の草を斬り倒し進んでいくエネルギーを持っています
その斬り倒したものを水で流していくのですから
これまた『チェンジ』
新しい道を探すように、この一年は動いていくこと、変わっていくことで吉を呼び込みます





どちらにしても
2020年は『チェンジ』していけるよう
柔軟な考え方で、ぶれないようにチェンジしていきましょう

チェンジした新しい考え方が
自分の中で
受け入れられた時
宇宙のリズムと共振し
新しい道が用意されています

では素晴らしい時を過ごしていきましょう
+15

星からのメッセージ【6月】

6月の星からのメッセージをお伝えします



6月は

水星が双子座♊
金星が牡牛座♉
木星が射手座♐
土星が山羊座♑
海王星が魚座♓

という、それぞれのホームに帰ってきた状態からスタートします。



5つもの星がホームに帰還したことで、
令和が始まってから色々と激動だったことも落ち着き、
何もかもがスムーズに進む流れとなるでしょう。

そんな中、3日に双子座で新月を迎えます



新月ブログはこちら↓
新月ブログ

この新月は、身近な人との絆を深めてくれるエネルギーを持ちます。

5日には水星が蟹座へと移動し、9日は金星が双子座に移動します。

そして17日に、射手座で満月を迎えます。



現在、射手座にはラッキスターの木星も滞在中です。

どちらも「自分」を表す第1ハウスなので、今回の満月では自分自身にラッキーなことが起こるように意図しましょう。

22日には、太陽が蟹座へ移動し、夏至です。



夏至は太陽がフルパワーとなる最後の日。
自然界のエネルギーが最高潮となります。

更には27日に水星が獅子座へ移動。

後半はアクティブに行動範囲を広げていくことで、チャンスを掴めるでしょう。





「いいね」と思って頂けたら、
下のハートを押して下さると嬉しいです(^^)
+12